HEA ScanToBIM 2022 1

3Dリアリティキャプチャーを BIM・DWGに変換する Pix4Dの新しいデジタルツインサービス


リアリティキャプチャーをBIM化する、専門的なモデリング

お問い合わせ
BACK INS GREY TO GREY


Pix4Dの新しいデジタルツインズサービスへようこそ



デジタルツインとは?

デジタルツインとは、データを使って物理的に存在する物体・資産、そして それがもつ能力や機能を仮想的に表現したものです。デジタルツインは、潜在的な故障の予測、重大な損害の防止、構造物の性能の最適化をすることで、長期的な資産管理を促進します。さらに、より速く、信頼性の高い意思決定のための予測も可能にします。この技術は、土木、道路、インフラ、建築、石油・ガス、設備など、小規模から大規模なモデリング、設計、改修、建設、解体、運用、保守プロジェクトまで、幅広い環境に適用されます。

photogrammetry software on a screen

Tデジタルツインの用途は以下の通りです。

Drone colision reconstruction

長期的な資産運用

Object failure prediction

故障の予測

Damage prevention

損害の防止

Bridge the gap between photogrammetry and CAD

情報に基づいた意思決定

BIM model

BIMとは?デジタルツインとの関連は?

BIM(Building Information Modeling)とは、物理的に存在する物体/資産を仮想的に表現したもので、実際の建築部材の相互接続、メタデータ、機能を表しています。

BIMモデルは、設計や進行中の建設作業の運用をサポートし、メンテナンスを容易にするために利用されます。建築家、不動産開発業者、請負業者、製造業者、所有者間のコミュニケーションツールとして、関係者がプロジェクトのライフサイクル、精度、完成度を理解するのに役立ちます。

BIMのメリット

Save time
時間の短縮
ICON 360 Camera
コスト削減
ICON 360 Camera
変化のシミュレーション
ICON 360 Camera
What-If 設計シナリオの作成
ICON 360 Camera
リスク分析
BACKGROUND homepage 3D mesh 2

BIMを使うべき理由

  • 平面図、配筋詳細図、スケジュールなどの2D・3Dビジュアライゼーションを改善。
  • 電気・配管などのインフラから設計・レイアウトのシミュレーションまで、詳細なレイヤーを可視化。
  • 衝突の検出と介入
  • 正確な数量明細書と材料集計の作成
  • 時間対コストの分析ができるデジタルレプリカの作成
  • 安全性の向上
  • 意思決定の効率化
Pix4D logo

Pix4Dが選ばれる理由

  • 世界をリードする技術:Pix4Dは、画像処理と3Dモデリングにおけるマーケットリーダーです。

  • 信頼できる結果:弊社のデジタルコンストラクションチームは、BIMの専門知識を有しています。

  • アウトプットの柔軟性:BIMモデルを他社製ソフトウェアで使用可能

  • データ収集からBIM出力まで行う、エンドツーエンドソリューション

  • 品質保証:Pix4Dでは、すべての段階で品質保証を行っています。

Pix4Dが提供するサービスについて教えてください。
Scan-to-BIMのご紹介

Pix4Dは、Pix4D製品エコシステムに統合されたデジタルツインサービスを提供しています。このサービスでは、プロジェクトのニーズによって最適化された詳細なBIMモデルを作成します。点群からBIM、CADからBIMへの変換が可能です。幾何学レベルの詳細はelod300に設定されており、そこから2Dおよび3D CAD図面や展開図テンプレートを作成することができます。

BACK GENERIC WORKFLOW
  • Click
    クリック
  • Track progress
    トーク
  • Pause and restart
    受信
Cell tower BIM model
クリック
PIX4DinspectとPIX4Dcloudには、Scan-to-BIMボタンが組み込まれています。有効なライセンスをお持ちのユーザーは、自動的にサービスを利用することができます。または、弊社のウェブサイトやメール(digital_construction@pix4d.com)からサービスをリクエストしてください。
Track progress with catch
トーク
当社の専門チームは、お客様の具体的なプロジェクトのニーズについて、より詳しくお聞きするために質問をさせていただきます。BIMモデルの詳細レベルや使用用途を理解することで、お客様に合わせたサービスを提供することができます。
Pause and continue
受信
BIMモデルが完成し、利用可能になった際に通知を受けることができます。デザインや今後の変更点を追加し、プロジェクトの進捗をより詳細に追跡することができます。CAD図面の可視化と抽出、作業の計画や優先順位付け、エラー/衝突の事前検出も可能です。
BACKGROUND homepage 3D mesh 2

標準納品物

  • 各プロジェクトにおけるBIM実行計画(BEP)
  • BIMファイルフォーマット RVT、NWC、NWD、IFC
  • CADファイル形式。DWG
  • ショップドローイングのサンプル
  • 命名規則の適用、共通データ環境の実装に対応可能
  • リアリティキャプチャーデータ
  • オープンなLASフォーマットで提供される点群
  • RCPフォーマットで納品された点群
  • ドローンで撮影した画像(該当する場合)

*ご要望に応じて、カスタム成果物の作成も可能です。

BIMプロジェクトを見る

crane camera demo project
BIMモデル eLod300
BIM demo project
PIX4Dcloudでプロジェクトに触れる
crane camera demo project
建物全体
使い始める
あなたのプロジェクトをお手伝いするために、Pix4Dに何ができるかお問い合わせください。

Scan-to-BIMの詳細はこちら

BIM model

Pix4Dの新サービスのご紹介:Scan-to-BIM

この新サービスは、Pix4DユーザーがデジタルツインをBIMレベルで細部まで再現し、建設中のプロジェクトのBIMモデルを手に入れることができるオプションです。

続きを読む >

Inspection wrap up

通信塔のモデルにBIMを導入し、さらに一歩先へ。

Pix4Dの新しいScan-to-BIMサービスにより、スイスの通信タワーの拡張デジタルツインが作成されました。

続きを読む >

免責事項

DCTが提供するBIMベースモデルは、点群の可視要素、プロジェクト用にキャプチャされた画像上に表示されていない要素、利用可能なCAD図面、包含、除外要素(可能な場合)、経験の還元、Pix4D点群品質レポートに記載された精度指標から作成されます。BIMベースモデルの品質は、現実のキャプチャデータに直接影響されるため、Pix4Dの推奨事項とフォトグラメトリー(SfM)の原則に則って作成される必要があります。これらのガイドラインに従わない場合、対応する点群出力はBIMベースモデルの品質と精度を変化させる可能性があります。