Pix4Dfields logo
Pix4Dfields

This software is not supported on your system
pix4dfields user interface

Version 1.9 - 2021年2月3日

  • 新機能
  • プロジェクト内のユーザーインターフェースの改善、特に注釈管理の改善
  • DSMと指数マップレイヤーの統計、およびそれらのエリア注釈の統計(平均値と標準偏差)
  • ポイント注釈のDSMとインデックス層の数値の表示
  • レイヤーと注釈の統計値、およびポイント注釈の値をCSVとPDFレポートの一部としてエクスポート
  • 複数のポリゴン形状を注釈としてインポートし、個々のポリゴンに分割する機能
  • GPSタグ付きの画像をレイヤー上で位置参照された注釈としてインポート
  • 注釈に添付された画像をマップ上に直接表示するオプション
  • KML形式での注釈のエクスポート
  • DJI Phantom 4 RTKおよびその他の選択されたドローンとカメラの組み合わせのRTKサポート

  • 10バンドのMicaSense RedEdge-MX Dual Camera Imaging System をサポート(任意のバンドの組み合わせを使用した指数計算機でのカスタムインデックス作成のサポートを含む)
  • Delair UX11、DJI Zenmuse X7をサポート
  • サーマル(赤外線)を含むMicaSense Altumの全バンドのリグアライメント
  • 修正
  • シングルバンド浮動小数点型のGeoTIFF(DSMや指数マップなど)をインポートすると、正しいカラーモードと単位が表示されるように、レイヤーの種類を選択するように促されます。
  • PDFレポートのレイアウトを改善し、無駄なスペースを省きました。
  • MicaSenseの反射率ターゲットの検出性が向上しました。

他のリリース情報を見る



サンプルデータセット

Pix4Dが提供する2つのデモデータセットはマルチスペクトル(Parrot Sequoia)とRGB(senseFly S.O.D.A) の画像が揃っています。オルソモザイクや植生指数を生成し、農業に特化したツール、Pix4Dfieldsを試してみましょう。



サンプルプロジェクトをダウンロード



推奨コンピュータスペック

Required operating system
オペレーティングシステム
• Windows 10 (64 Bit) • macOS Catalina (10.15) もしくはそれ以上
GPU
CPU & RAM
• 4GB RAM (もしくはそれ以上) • Intel® Core™ i3 または AMD Phenom プロセッサー(もしくはそれ以上)
HD
ハードディスク
• 4GB HDD のフリースペース (大きなデータセットの場合、それ以上)
GPU
GPU
• 特別な条件はありません
更に詳しく