HEA BLO CORP Pix4Dsupport SOTEN

Pix4D製品に日本製ドローン「SOTEN」が登場

PIX4DreactとPIX4Dmapperは、SOTENで撮影された画像を処理し、様々な用途に応じた出力を行うことができるようになりました。

(2022年11月9日東京)ドローンと管理システムのリーディングカンパニーであるACSLは、PIX4DmapperとPIX4DreactにおけるSOTENのサポート開始を発表しました。 今回の連携により、株式会社Pix4Dが提供するPIX4DmapperとPIX4Dreactが、ACSLが提供する国産ドローン「SOTEN」で利用できるようになります。2022年11月10日より提供を開始します。これにより、SOTENで撮影した画像を、測量やインフラ点検、災害監視など幅広い分野で活用することが可能になります。

IMA BLO CORP Pix4Dsupport SOTEN

ACSLのSOTENは、安全性の高いドローンへの要望が高まる中、開発された小型で安全性の高い空撮用ドローンです。SOTENは、データの漏洩や抜き取り、ハイジャックに強い設計となっており、通信や撮影データは暗号化されているため、セキュリティ面でドローンの利用に不安をお持ちのお客様にも安心してご利用いただけます。また、最大対気速度15m/sの耐風性や、日本国内においてより正確な位置情報を取得できるSLAS/SBAS(準天頂衛星システム「みちびき」のサブメーター級測位補強サービス)など、現場で求められる飛行性能も備えています。

PIX4Dmapperは、ドローンなどで撮影した画像から精巧な2D・3D地図を作成する写真測量専用ソフトです。3次元点群、ボリューム計算、赤外線熱分布図など、さまざまな用途に利用できる。体積計算や赤外線熱分布図など様々な出力が可能で、デスクトップ型のためデータの安全性も確保されています。そのため、国内外の専門家に測量や建設、インフラ管理など幅広い用途で利用されています。


Construction stockpiles with PIX4Dmapper
PIX4Dmapperによるアウトプット例

PIX4Dreactは、パブリックセーフティ向けの高速ドローンマッピングソフトウェアです。ドローンで撮影した災害現場の空撮画像から数分で2次元地図を作成し、迅速な現地調査を可能にします。インターネットに接続されていなくても利用でき、出力結果をモバイル端末で開くことができるため、緊急時の迅速な情報共有や対応を容易にする。現在、国内外数千の消防・警察・NPO法人で利用されています。


Measurements on a PIX4Dreact screenshot
PIX4Dreactによるアウトプット例

SOTENドローンは、ACSLの販売代理店から購入できるほか、PIX4Dmapper、PIX4Dreactとのバンドル販売も予定されています。ドローンはカメラを搭載して1回25分の飛行が可能で、最大伝送距離は4km。標準搭載のカメラは4K動画に対応し、2000万画素の静止画を撮影します。

SOTEN IMAGE

このパートナーシップは、Pix4Dのソフトウェアの対応ドローンの拡大と、SOTENのユーザーが写真測量に特化したソフトウェアでサービスを拡大する機会を提供するものです。


Pix4Dソリューションのご紹介

Related articles