無料ウェビナー

写真測量/SfMとCADの間のギャップを埋める

Pix4Dsurvey webinar

ウェビナーについて

過度に多くのツールを扱うことはあらゆる専門的な職業においての課題であり、それはあなたの会社の従業員のために多くのトレーニングを必要とし、関係者間のコラボレーションを複雑化し、労働時間を増やし、結果として経済的損失をもたらします。

最近発売開始となった製品であるPix4Dsurveyは、既存のPix4Dmapperプロジェクトやその他の点群を使用した高速かつ正確なベクトル化を可能にし、計画、設計、構築に必要なすべての空間フィーチャの抽出とベクトル化を推進します。

Pix4DsurveyはPix4Dデータとネイティブの互換性があり、Pix4DのrayCloudを介して画像と点群にアクセスし、縁石の下部と上部や建物の設置面積、またカテナリー曲線などをCADに互換性のある形式で抽出します。

トピック:

  • 測量とマッピングプロジェクトのワークフローを最適化
  • フォトグラメトリー(SfM)プロジェクトから次の工程ですぐに使えるCADファイルを作成
  • 精度を妥協せずに行う高速ベクトル化
  • Pix4Dsurveyの今後のステップ
  • ライブのQ&Aセッション

登録してウェビナーの録画を見ましょう

パネリスト

Michino Hisabayashi

Michino Hisabayashi


Technical Sales Engineer
Pix4D
Emilio Kazuki

Emilio Kazuki Wakita


Technical Sales Engineer
Pix4D