PIX4Dinspect August release

PIX4Dinspect 最新リリース:屋上計測の自動化

これからは屋上の計測を手作業で時間をかけて行う必要はありません。新しいPIX4DinspectのAIアルゴリズムにより、計測は完全に自動化されます。

PIX4Dinspectの最新アップデートでは、屋上の自動計測とアノテーションを行うためな画期的な新しいAIアルゴリズムが導入されています。新しい検査ツール、新しいデータセットなど、PIX4Dinspectの最新情報をご確認ください。

AIで屋上計測を自動化する

人工知能アルゴリズムの助けを借りて、PIX4Dinspectは屋上を自動的に計測できるようになりました。新しい屋上セグメンテーションAIプラグインは、すべての屋上の面と障害物を検出、計測、およびアノテーションを行い、ワークフローを自動化し、時間を節約することができます。屋上の面(または表面)を計測し、青色で表示されます。屋上の障害物はオレンジ色で表示されます。これは、ソーラーパネルを設置する際などに問題となる可能性のある、屋根に存在するすべての障害物が対象となります。

屋上自動計測で時間短縮

屋上セグメンテーションAIを有効にするには、新しいプロジェクトを作成する際に、「屋上」アセットタイプを選択していることを確認してください。「屋上」アセットタイプを選択すると、プロジェクト作成の3番目のステップで、利用可能な人工知能プラグインの一部として屋根セグメンテーションのオプションが表示されます。

デモプロジェクトはこちらでご確認ください。

PDFレポートの改善

新しいリリースでは、PDFレポートからプロジェクト、特定の注釈、計測、インベントリ項目に直接アクセスするオプションが追加されました。この機能は、プロジェクトをチームや関係者と共有する際に、各自のウェブブラウザで特定のプロジェクト、計測、注釈に素早くアクセスできるため、非常に便利です。

プロジェクト、アノテーション、計測値へのアクセスを容易にします。


最新の処理エンジン - より速く、より高品質の結果を得ることができます。

3Dモデルやテクスチャ3Dモデルの品質を向上させると同時に、処理時間を短縮する新しい処理エンジンを実装しました。

新しいデモ用データセット

工業用地

PIX4Dinspectを使用すると、工業用地を効率的に検査できます。錆を自動的に検出し、壊れた要素や欠けた部品など、強調したいものを注釈して、さらに検査することができます。重要な情報を含むPDFレポートを自動生成し、チームや関係者とオンラインで簡単に共有できます。 新しい産業用デモプロジェクトについては、こちらをご覧ください。

通信塔

PIX4Dinspectは、通信塔用に特別に設計された追加のAIアルゴリズムを提供しています。PIX4Dinspectを使用すると、自動的にタワーインベントリーを取得し、BIMモデルを要求することができます。 今すぐ通信塔デモプロジェクトをご覧ください。

点検ツールで画像を素早く検査する

点検ツールは、オリジナル画像と 3D 再構築モデルを表示する直感的なディスプレイを提供します。3D ビューで関心のあるポイントを検査し、再構成に使用されたすべての画像を確認することができます。

PIX4Dinspectで画像から迅速に点検


重複するアイテムにアクセスする

プロジェクトに多くのアイテムがあると、探しているアイテムを選択するのが難しくなります。そこで、選択レイヤーと呼ばれる、オーバーラップしたアイテムの新たな選択方法を用意しました。マウスを右クリックすると、選択した場所に重なっているアイテムがすべて表示され、目的のアイテムを選択することができます。

選択レイヤーで好みの項目を選択


データ処理と保存のための新しいロケーション選択

カナダのモントリオールに、新しい処理クラスターを追加しました。 今後は、データの処理と保存の場所として、カナダを選択することができます。アカウント設定 > 環境設定 > 処理クラスタの場所 で、ドロップダウンからカナダ・クラスタを選択してください。

新しい処理クラスター


屋上の計測をPIX4Dinspectで自動化しよう
産業検査と資産管理のためのAI搭載デジタルツインプラットフォーム

Related articles